KMPlayer

KMPlayer 4.1.1.5

Blu-Ray(ブルーレイ)を含め多くのフォーマットが再生できる高機能メディアプレーヤーの最新版

完全な説明を見ます

賛成票

  • 主要な動画・音声形式に対応
  • 圧縮ファイルからでも再生できる
  • さまざまな再生条件を調整できる
  • 破損ファイルも再生できることが多い

反対票

  • 詳細な設定を行うには知識が必要
  • スムーズに再生されないことがある

秀逸
-

KMPlayerは、多くのフォーマットに対応した高機能メディアプレーヤーです。一般に流通しているほとんどの動画・音声形式に対応している上、通常は解凍しなければ扱えない圧縮ファイル内の音声・動画もそのまま再生することができます。シンプルで使いやすい画面デザインも魅力的です。画質や音質の調整など豊富な機能が備わっているので、上級者でも満足して利用できるでしょう。最新のアップデートではBlu-Ray(ブルーレイ)にも対応するなど、ますます使い勝手は向上しています。

KMPlayerは多数のファイル形式に対応したコーデックを内蔵しており、これ一つでほとんどの動画や音楽を再生することができます。対応しているフォーマットとして、WMV、AVI、MP4、FLV、SWFなどに加え、MKV、OGM、VOBなど主要なメディアプレーヤーでは再生できない形式も含んでいます。他のメディアプレーヤーでは再生できない動画ファイルなどがある場合はKMPlayerを試してみてはいかがでしょうか。

さらに、KMPlayerは動画再生に関わるほとんどの操作ができる機能を備えています。画質やサイズの調整はもちろん、指定区間のリピート、イントロ・エンディングのスキップ、音の立体効果、左右チャンネル選択、音ズレ補正等々ができます。標準のままで再生しても、充分質の良い音や滑らかな映像を楽しむことができますが、スピーカーやPCなど、自分の好みに応じたアレンジが可能です。

KMPlayerは高機能なだけではなく、外観も洗練されています。標準の「classic」スタイルはDVDデッキを思わせる硬質な黒を基調とした画面です。このままでも充分クールですが、公式サイトでは、ユーザーが作成したさまざまなスキンが公開されており、自由にダウンロードすることができます。逆に、音声だけを再生するなら、邪魔にならないようタスクトレイに収納することもできます。

KMPlayerなら圧縮されたファイルや、破損していて他のプレーヤーでは再生できないファイルも、再生できる可能性があるので試してみましょう。ただし、高度な処理をする分、ファイルによっては映像の表示が追いつかないこともあります。また、詳細な設定を行うには動画やシステムの知識が必要になるでしょう。多機能な分、全ての機能を使いこなせるようになるまでに時間が掛かるかもしれません。

KMPlayerは、多くのフォーマット対応した高機能なメディアプレーヤーです。利用者の細かい要望にきちんと応えられるよう設計された、優れたソフトウェアと言えます。動画の視聴環境にこだわるあなたも満足できるでしょう。

KMPlayerは以下の形式に対応しています

WMV、AVI、MPEG(1、2、4)、MKV、OGM、VOB、
IFO、MP4、FLV、SWF、3GP、MP3、WMA、OGG、FLAC、AAC、APE、MPC、
AC3、TTA、WV、ALAC、AMR、MIDI、DVD、CD、VCD、CUE シート、ZIP / RAR
KMPlayer

ダウンロード

KMPlayer 4.1.1.5